あだたら日記へ、ようこそ! フォレストパークあだたらを利用されるすべての皆さんへ、お役に立つ最新の情報を お届けいたします。 スタッフからのとっておきの情報や(公財)ふくしまフォレスト・エコ・ライフ財団の 事業報告などなど。ご活用いただければ幸いです。

2020 年 9 月 21 日


皆さんこんにちは!久しぶりの更新です。
フォレストパークあだたらはこの4連休は全サイト満室となっており、たくさんのお客様にご利用いただいております。空きがあるのは、22日(火)のみです。
 外はすっかり秋の気配、ススキが揺れサクラは葉を落とし始めています。夜になれば秋の虫たちの声が聞こえてきます。夏の暑さが嘘のように、今は涼しい気候で、夜の気温は20℃を下回るので、長そでの羽織り物が必要です。しっかり寒さ対策をしておこしください。
 また、明日はもりの案内人さんによる「森のガイド」と、ビジターセンターでは「木の枝クラフト」を実施しますので、ぜひご参加ください。
fumi



Filed under: あだたらの自然情報 — adataracampground @ 11:34 AM



2020 年 8 月 12 日


みなさんこんにちは!久しぶりの更新です。昨日は全国的に猛暑となり、二本松市では最高気温38度を記録しました。

フォレストパークあだたらでも、標高が600mあるとはいえ、34度くらいまで気温が上がりました。みなさん、コロナウイルスだけでなく熱中症にも気を付けてキャンプをお楽しみくださいね。

さて、夏休みのキャンプサイトでは、子どもたちが網を持って虫を追いかけています。フォレストパークでは動植物の採集は禁止としていますが、捕まえた虫を観察して逃がしていただければ、子どもたちにとって様々な夏の昆虫を観察するよい機会になると思います。昼はトンボやセミ、夜はクワガタやライトに集まる蛾などいろいろ観察できますので、キャンプの一つの楽しみに加えてみてはいかがでしょうか。
fumi



Filed under: あだたらの自然情報 — adataracampground @ 1:53 PM



2020 年 7 月 4 日


 先日、森の整備をしていた時に「セモンジンガサハムシ」という小さな虫に出会いました。大きさは6mm程度、体が半分透明で、背中に輝くXの字が特徴の葉を食べるハムシ科の甲虫です。

 改めて葉の表や裏をよく観察してみると、今まで気づかなかった虫をたくさん見つけることができました。 長い首で葉を丸めて卵を産み付ける「エゴツルクビオトシブミ」、象のように長い鼻(口吻)が特徴のゾウムシの仲間「コフキゾウムシ」、瑠璃色に輝きノミのようにジャンプする「ルリマルノミハムシ」など。ほとんどが1cm程度の小さな虫です。観察の視点を少し変えて、ゆっくり時間をかけて葉を調べてみると、新しい出会いがあるかもしれませんよ。
fumi



Filed under: あだたらの自然情報 — adataracampground @ 2:43 PM



次ページへ »