あだたら日記へ、ようこそ! フォレストパークあだたらを利用されるすべての皆さんへ、お役に立つ最新の情報を お届けいたします。 スタッフからのとっておきの情報や(公財)ふくしまフォレスト・エコ・ライフ財団の 事業報告などなど。ご活用いただければ幸いです。

皆さんこんにちは!立春を過ぎたからでしょうか、なんだか少しずつ暖かくなるような気配を感じます。外は雪景色ですが、森はこれから徐々に春に向かうのでしょうか。
さて、今日は2月4日に開催された、ちびっこ自然あそび「雪の森散歩とそり遊び」の報告をします。このイベントは、今回で3回目となります。雪あそびを楽しみに子どもたちが集まる人気のイベントです。
スノーシューを履いての森の散歩では、キツネやリス、ウサギなどの足跡を探したり、植物の冬芽を観察したり、冬の森は子どもたちの五感を刺激する要素がたくさんありました。
そりすべりでは、スノーチューブがとても人気でした。雪の斜面を少しドキドキしながらすべる子どもたちの顔、すべりなれると夢中ですべる子どもたちの顔など、わずかな時間でも子どもたちは大きく変わるようです。
参加者:こども 30名、大人 23名
fumi



Filed under: ちびっこ自然あそび事業 — adataracampground @ 7:36 午後



コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Sorry, the comment form is closed at this time.